デモの進め方

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
Delicious にシェア

Being Geek ―ギークであり続けるためのキャリア戦略の中で、『デモ』についての章があったのでメモ書きします。
私はかなり緊張しやすく、伝えたい事が半分程度にしか伝わらない事が多い為、備忘の為に残します。

  • デモとプレゼンテーションは異なる
  • デモは参加者により参加してもらうもの。

  • デモ対象について最も知っているのは自分
  • だから自信を持てば良い。

  • 3つのフェーズ
  • デモをする場合、相手が誰であろうと目的はみんな一緒。
    みんな目的は情報を得る事である。デモをする際は下記の基本ルールを守る。

    1. 背景説明
    2. デモを理解する上で知っておくべき事を伝える

    3. 内容説明
    4. 発見、アイデアの具体的内容を詳しく説明する。

    5. ポイント説明
    6. 発見、アイデアのどこに最も価値があるかをようやくする。
      そして、聞き手に意見を求める。

  • 聞き手のタイプ
    1. 何も言わない人
    2. この手のタイプが最も厄介である。
      打破するには、背景情報や発見に至るまでの物語を長く話すと良い。
      毎回このタイプを想定しておけば、怖いものはない。

    3. 積極的な人
    4. 一見、厄介に感じるが、最もありがたい存在。この手のタイプから建設的な意見が出だすと
      デモは成功していると言える。だが、積極的な人がよく理解出来ていない状況の場合は
      かなりまずい状況と言える。まずは深呼吸をして立て直そう。
      デモ対象について最も知っているのは自分。

    5. 仕切り屋
    6. 仕切り屋は途中(もしくは最初から)で自分のペースに持って行こうとする。
      デモを行う人ではないのに。そんな時は”完全な沈黙”、”デモのテンポを変更する”等を行い、
      自分のペースに引き戻す。また、仕切り屋によって、あらぬ方向へデモが進んでしまう事により
      新たな発見があるかもしれない。(自分が見えていなかった事など)

  • 理想のデモとは、発表者のいらないデモ
  • そんな事は絶対に不可能。理想のデモをどのようにやれば良いとは言えないが、
    結局試行錯誤を重ねていくしかない。

    結局、プレゼンテーションの本(ZENなど)にも同じ事が書いてありますが、
    本番前の練習がモノを言うということでしょうか。