Research achievement


  1. ジャーナル論文
    • 町田史門, 梶山朋子, 嶋田茂, 越前功, “SNSにおけるセンシティブデータの漏洩検知に基づく公開範囲の設定方式”, 情報処理学会論文誌 特集号 “新しいリスクに対応するコンピュータセキュリティ技術”, vol. 55, no. 9, pp.2092-2103, 2014年9月
  2. 国際会議論文(査読有り)
    • Shimon Machida, Adrian Dabrowski, Edgar Weippl and Isao Echizen, “PrivacyTag: A Community-based Method for Protecting Privacy of Photographed Subjects in Online Social Networks”, in proceedings of The 16th IFIP Conference on e-Business, e-Services and e-Society (I3E 2017), Delhi, India, November 2017. (Will be appeared)
    • Erwan Chaussy, Shimon Machida and Isao Echizen, “Definition of Private Information for Image Sharing in Social Networking Services”, in proceedings of The 13th International Workshop on Digital-forensics and Watermarking (IWDW 2014), pp.544-556, Taipei, Taiwan, October 2014.
    • Shimon Machida, Tomoko Kajiyama, Shigeru Shimada and Isao Echizen, “Analysis of Facebook Friends using Disclosure Level”, in proceedings of The Tenth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIH-MSP 2014), pp.471-474, Kokura, Japan, August 2014.
    • Shimon Machida, Tomoko Kajiyama, Shigeru Shimada and Isao Echizen, “Adaptive Disclosure Control System Using Detection of Sensitive Information in SNSs”, Symposium On Usable Privacy and Security (SOUPS 2014), 2 pages, https://cups.cs.cmu.edu/soups/2014/posters/soups2014_posters-paper14.pdf, San Francisco, U.S., July 2014.
    • Shimon Machida, Shigeru Shimada and Isao Echizen, “Settings of Access Control by Detecting Privacy Leaks in SNS”, in proceedings of Signal-Image Technology & Internet-Based Systems (SITIS 2013), pp.660-666, Kyoto, Japan, December 2013.
  3. 国内会議論文(査読無し)
    • 町田史門, 越前功, “プライバシータグによるコミュニティを考慮した被写体のプライバシー保護手法”, コンピュータセキュリティシンポジウム2015 (CSS 2015), pp.1119-1126, 長崎, 2015年10月.
    • 町田史門, 梶山朋子, 嶋田茂, 越前功, “正規化順位法を用いたSNSにおけるプライバシー侵害情報分類表の評価”, IEICE マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), vol. 114, no. 118, pp. 145-148, 函館, 2014年7月.
    • 町田史門, 梶山朋子, 嶋田茂, 越前功, “センシティブデータの漏洩検知による適応的な公開範囲設定システムのプロトタイプ実装”, IEICE マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), vol. 113, no. 480, pp. 51-56, 金沢, 2014年3月.
    • 町田史門, 嶋田茂, 越前功, “SNS上のプライバシーセンシティブ情報の漏洩検知に基づく公開範囲の設定方式”, コンピュータセキュリティシンポジウム2013 (CSS 2013), vol. 2013, no. 4, pp. 566-573, 高松, 2013年10月.
    • 町田史門, 嶋田茂, 越前功, “デジタル私文書におけるプライバシーセンシティブ情報の漏洩検知に基づく公開範囲の設定方式の提案”, IEICE マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), vol. 113, no. 212, pp. 31-36, 熊本, 2013年9月.
    • 小山貴之, 宋洋, 町田史門, 嶋田茂, 越前功, “SNS画像投稿時のプライバシー侵害予知サービスの提案”, 第5回データ工学と情報マネージメントに関するフォーラム (DEIM 2013), 8 pages, http://db-event.jpn.org/deim2013/proceedings/pdf/f8-4.pdf, 福島, 2013年3月.
    • 宋洋, 小山貴之, 町田史門, 嶋田茂, 越前功, “プライバシーコミュニティ検知にむけたSNS投稿記事の時系列分析”, IEICE データ工学研究会 (DE), vol. 112, no. 346, pp. 81-86, 京都, 2012年12月.
    • 町田史門, 小山貴之, 宋洋, 嶋田茂, 越前功, “SNS写真投稿に起因するプライバシー侵害の類型化とその保護策”, IEICE マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), vol. 112, no. 226, pp. 5-10, 千葉, 2012年10月.
    • 高田さとみ, 小山貴之, 町田史門, 宋洋, 嶋田茂, 越前功, “SNS画像投稿時に発生するプライバシー侵害の要因分析”, IEICE マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), vol. 112, no. 190, pp. 69-74, 山口, 2012年8月.
  4. 書籍等出版物
    • 町田史門, 越前功, “SNS写真データにおけるプライバシー保護 -コミュニティに基づく被写体情報の保護と活用-”, 統計と情報の専門誌「エストレーラ」5月号, 東京, 2016年5月.
  5. 招待講演
    • Shimon Machida, Isao Echizen, “Settings of Access Control by Detecting Privacy Leaks in SNS”, International Workshop on Security (IWSEC 2014), 弘前, 2014年8月.
  6. その他
    • 町田史門, 越前功, “PrivacyTag: A Community-based Method for Protecting Privacy of Photographed Subjects in Online Social Networks”, 人間・社会データ構造化シンポジウム, https://ds.rois.ac.jp/post-940/, 東京, 2017年2月, [poster].
    • 町田史門, 越前功, “〜写真共有によるプライバシー侵害を防止するには〜 PrivacyTag:SNS投稿ユーザの主観的な判断基準のみに依存しない被写体のプライバシー保護”, 国立情報学研究所 オープンハウス2016, http://www.nii.ac.jp/event/openhouse/, 東京, 2016年5月, [poster].
    • 町田史門, 越前功, “Proposal for protecting photographic subject’s privacy based on community by privacy tag”, Workshop on Data-centric Security and Privacy, 東京, 2016年3月, [oral].
    • 町田史門, 越前功, “PrivacyTag:コミュニティを考慮した被写体のプライバシー保護手法”, コンピュータセキュリティシンポジウム2015 (CSS 2015), 長崎, 2015年10月 [demonstration & poster].
    • 町田史門, 越前功, “〜写真共有によるプライバシー漏洩を防止するには〜 プライバシータグによるコミュニティを考慮した画像プライバシーの保護手法”, 国立情報学研究所 オープンハウス2015, http://www.nii.ac.jp/event/openhouse/, 東京, 2015年6月, [poster].
    • 町田史門, 越前功 “Disclosure Control with Reasonable Expectation of Privacy in Online Social Networks”, 社会のイノベーションを誘発する情報システム (ISSI2014), 東京, 2015年2月, [poster].
    • 町田史門, 越前功, “‘Understanding and Specifying Social Access Control Lists’の紹介“, IPSJ 情報セキュリティ心理学とトラスト研究会 (SPT), 東京, 2014年10月, [oral].
    • 町田史門, 梶山朋子, 嶋田茂, 越前功, “〜ソーシャルメディアを安心・安全に楽しむため〜 SNSでプライバシー漏洩を防ぐための公開範囲の設定方法”, 国立情報学研究所 オープンハウス2014, http://www.nii.ac.jp/event/openhouse/, 東京, 2014年5月, [poster].
    • 町田史門, 越前功 “Settings of Access Control by Detecting Privacy Leaks in SNS”, 社会のイノベーションを誘発する情報システム (ISSI2013), 東京, 2014年2月, [oral].
  7. 受賞
    • 国立情報学研究所優秀学生賞, 2016年3月
    • 情報処理学会 2014年度年度 山下記念研究賞, 2014年10月
    • 情報処理学会 コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2013), 優秀論文賞, 2013年10月
    • 情報処理学会 コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2013), コンセプト論文賞, 2013年10月
    • Ricoh & Java Developer Challenge 2011, Ricoh賞, 2012年1月