卒業と入学

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
Delicious にシェア

先週末で大学院修士課程を修了しました。科目聴講生時代を含めると2年半通ったことになります。
会社勤めをしながらの大学院であった為、途中半年間の出張もあったりと非常に苦しい時もありましたが、無事乗り切ることができました。何よりもこのような状況を支えてくれた妻に感謝します。

2年間の修士課程から何を得たのかを考えてみると、技術的なことは当然ながら、研究の進め方や考え方・プレゼンテーションといったソフトスキルまで多くのことを得たと実感しています。
自分のスキルを縦軸と横軸で考えると、2年前は縦横どちらも経験相応に伸びていたと思います。但し、複数に伸びている縦軸同士が上手くリンクしていなかったり、横軸の伸びが甘いことから曖昧な知識のもとで何となく進めていた部分がありました。このような状況を打破する為に、もう一度学び直そうと考えました。
結果的に、当初の目的はクリアでき、業務を進めていく中でも自分の様々なスキルが向上していることが日々実感できています。
また、研究として「SNSにおけるプライバシー侵害」をテーマとして、現代社会のプライバシー侵害への考え方、機械による侵害要因分析と検知手法を研究しました。入学前は自分がプライバシー侵害の研究をするとは考えても見なかったですが、今後更なる技術革新が進んでいくなかで本研究テーマは非常に良いテーマであったと思います。当然、1年間の研究からは大きな成果が出せておらず、改善点も多くありますので博士後期課程で同テーマの研究を継続することにしました。
博士課程ではこれまで以上に困難があると推測しますが、3年後に学位が取れるよう研究に邁進していきます。
最後に2年前と同様に博士課程へ進むことに対して、快諾してくれた妻に感謝します。